古本屋の利用に特に理由などはいらないのですが、それでも新刊屋さんで買うより安いからとか、ちょっと以前の本でもう新刊で手に入らないから、などなど色々な利用方法があると思います。

そんななかで、古本屋独自の活用法はまず「買い取り」をしていることです。買い取りできない本ももちろんありますが、その本を買いたい人がいると思われる本なら「買い取り」致します。基本的には本ですが、本の形をしていない印刷物でもおおむね大丈夫です。古い地図とか絵ハガキとかパンフレットや双六などたくさん思い当たります。 これはどうかナーと思ったらまずご相談下さい。お問い合わせ大歓迎です。これは新刊屋さんや図書館との大きな違いでしょう。

また本を探すことも古本屋の得意な仕事です。今現在発行されている以外の本、以前出た本、近所の本屋さんにない本、高価で買えないけど古本で安ければ買いたい本などのとき、是非ご相談下さい。

このほかにも沢山あると思いますので、お客様もドンドン新しい活用法を見つけてご利用下さい。