坂野さんの本

 この本はうちが売ったものだ。あぁこの本もそうだ。本を整理していると、次々と見覚えのある
本が出てきて、思い出が甦ってくる。坂野さん、亡くなって6年にもなりますか。貴方の本を次の
方にお渡しするために整理をしています。貴方はご自分の蔵書に宮の森文庫と名付けておりま
した。いずれは膨大な量の絵画のコレクションと共に群馬の大川美術館のような個人美術館を
作って公開する夢を持っていらしたのでしょうか。 貴方の夢は、大丸ギャラリーでの2回の「北
海道美術史を彩った作家たち展」を経て札幌芸術の森美術館での「坂野コレクション展」として
結実し、道内各地での巡回展も行なわれました。絵画のコレクションの一部は芸術の森美術館
に坂野コレクションとして所蔵されております。
 今田敬一氏の編集した「北海道美術史」という本がある。昭和45年に出された本だが、明治
以来の北海道の美術史を総括した本として今日でも重大な基礎資料として評価されている。
その本に掲載されている画家の作品をすべて収集しようとするのが坂野さんのライフワークで
あった。私もいくらかは協力できましたね。古本屋ではありますが、本を買いに行ったお客様か
ら香川軍男さんの古い油絵を見せられて紹介したことがあります。版画なども何点か買ってい
ただきました。東京のセリで岩崎巴人という人の絵を仕入れて来た時、さすがに坂野さんはご
存知で気に入っていただきました。その後もこれは喜ばれそうだなと少しづつ絵を仕入れたも
のです。
 その当時は月寒で店をやっていた頃で、目録は美術書を中心に作り始めておりましたが、ま
だまだ美術書のお客様は多くはありませんでした。 坂野さんのお勤めだった食品会社の通勤
路の途中にあったこともあって、月に一度は来店していただきました。先月に買っていただいた
代金をいただき、その月に仕入れた美術書を見せて本を選ばれるのが常でした。選ばれた本
をダンボール箱に詰めてバイクで宮の森まで運ぶというのがその頃の私の仕事でした。今日、
曲がりなりにも美術古書専門店と看板を上げていられるのは坂野さんというお客様に出会えた
からだと思っております。
 部屋の中はあの当時と同じで、本が三方の壁一面に並べられ、更に人形とかこけしのコレク
ションもある。雑然としているが坂野さんにとって至福の場所だったのでしょうね。この円空仏の
レプリカはセリで手に入れた物だった。後に千光寺にも行ってきたとのこと。小さな木っ端仏の
土産を貰った。河童の人形もあちこちにある。河童がお好きでしたね。火野葦平の河童の本も
かなりある。芥川の河童の絵が欲しいといわれたが、私には手に入れることができなかった。
かわりに清水崑の「女河童百態」という本を手に入れて喜ばれたことを思い出します。定山渓で
河童の会というのに招待されたことがありました。なぜ河童なのだろうと訝りながらも河童の人
形や絵巻などの展示を楽しませていただきました。こんなにも河童の本があるとは、思っていた
より深い思想があったのかもしれないと今更ながら感心しております。
 色っぽい本も好みでしたね。浮世絵秘画の本とか裸婦の画集も様々なものがあります。そうい
えば裸婦素描の展覧会もやりましたね。 加山又造の「裸婦スケッチ」という裸婦素描が1000枚
入った本を手に入れた時も版画欠でしたが、大変喜ばれました。「世界愛のライブラリー」「秘籍
江戸文学選」などもお届しました。どちらかというと上品なエロチシズムが好みのようで、当時流
行っていたビニ本などには目も呉れませんでした。
 海軍関係の本がある。戦時中は海軍でご苦労されたのですね。剣道の本もある。普段は柔和
でしたが、背筋がピンと伸びて折り目正しい挙措にはいつも古武士というイメージがありました。
仕事柄、食品関係の本も多く、専門書も食べ物の随筆も沢山あります。芸能関係もお好みだった
ようで、落語・芝居・映画などの本がある。歌舞伎関係の郡司正勝さんの本がかなりあり、安藤
鶴夫全集、子母沢寛、大仏次郎、和田芳恵、尾崎士郎、井上靖、吉川英治、今東光などの著作
が纏まっている。時代物ばかりではありませんが、やはり現代の侍が好むような本がお好きだっ
たのでしたね。
 美術関係はさすがに多い。2階一部屋が美術書で埋まっている。北海道美術の本はほとんど
収集されている。他に志功・夢二など好みに合った本も多い。絵のコレクターとしては珍しく、本
も大量に集めて楽しむ方でした。私も喜んでいただけるのが嬉しくて次々と仕入れて来たもので
した。商売抜きでといいたいが、確りと商売をさせていただきました。貴方の愛した本たちを次の
必要とする人にお渡しさせていただきます。宮の森文庫を広い世界に解放いたします。坂野さ
ん、貴方の残された本に貴方の夢を添えて次の方にお送りできれば幸いです。
 日は西に傾いて、うかうかと感慨に耽っている内に夕方となってしまった。 あと何日通えば片
付けられるのだろうか。 古本屋にとってこの至福の時間が終るのが惜しいような心地を抱いて
家路に着いた。
美術古書亞本屋・吉川孝雄